平成29年式(3年落ち)ルーミーの買取相場定点観測

2017年式ルーミー

りこ

私の平成29年式(3年落ち)ルーミーを売るつもりなんだけど、なるべく高く売りたいな(^^)v
高く売るためのコツみたいなものがあったら教えて!

kurumankuruman

こちらで実践ポイントを整理してまとめたので、高く売るためのコツはこちらをチェックしてみて下さい!(^^)!

【要実践!】愛車の高価買取実現のポイント

わかったわ!実践ポイントで一番重要なのは査定を沢山とることなのね。でも査定してもらう前に、どのくらいの買取価格になるのか買取相場を知りたいわ。

kurumankuruman

実際の買取価格は実車を査定してもらわないとわからないけど、トヨタでは下取り参考価格を提供しているので、買取相場に近い価格はわかりますよ。このページでは平成29年式ルーミーの下取り参考価格を3ヵ月毎に定点観測しているので、買取相場の参考にしてみて下さいね。

平成29年式ルーミーの買取相場の参考値として、トヨタが提供している下取り参考価格を3カ月毎の定点観測データとしてまとめました。

買取価格や下取り価格の傾向を探るのにお役立ていただければと思います。

平成29年式/2017年式ルーミー(3年落ち)買取相場推移

【下記の定点観測データベース】
トヨタ下取り参考価格情報(https://toyota.jp/service/tradein/dc/top
下の査定価格はトヨタ下取り参考価格を一部補正しています。

以下のグラフの上にカーソルを乗せる(スマホの場合はタップする)と価格が表示されます。

平成29年式ルーミー

平成29年式ルーミー 2WD

平成29年式ルーミー 4WD

【2020年7月時点】
平成29年式ルーミーの2020年7月時点の下取り参考価格と新車価格からの値落ち率は以下の通りとなっています。

グレード 駆動 下取り参考価格 値落ち率
X 2WD 71万円 47.6%
4WD 94万円 38.0%
X”S” 2WD 75万円 47.0%
4WD 96万円 39.0%
G 2WD 81万円 46.0%
4WD 103万円 38.0%
G”S” 2WD 84万円 46.2%
4WD 106万円 38.4%
G-T 2WD 90万円 46.1%

ルーミーは2016年11月に登場以来、目標台数をオーバーする好調な販売をキープし、2017年は登録車全体で11位(78,690台)となりました。

このように好調な販売を記録した平成29年式ルーミーですが、買取相場の参考として上記の査定価格を見てみると。2WDで71-90万円、4WDで94-106万円となっています。

前回観測時点(2020年4月)と比較すると、査定評価を大きく下げています。
2WDは12-16万円、4WDは9-11万円値を下げました。

結果として同一グレードの2WDと4WDの査定評価差は21-23万円へ拡大し、値落ち率は2WDよりも4WDがかなり低い状況(値が落ちにくい)です。

グレード間で値落ち率の差はあまりなく、最上位の「G-T」の買取査定価格が順当に最も高くなるのは間違いありません。

同一新車価格の姉妹車のルーミーの査定価格と比較すると、ルーミーの査定価格が全てのグレードで高く、ルーミーの方が買取査定で有利でしょう。

ルーミーの方がルーミーよりも新車販売台数での人気が高く、それは中古車需要の高さにもつながっているものを思われます。

平成29年式ルーミー カスタム

平成29年式ルーミー カスタム2WD

平成29年式ルーミー カスタム4WD

【2020年7月時点】
平成29年式ルーミーカスタムグレードの2020年7月時点の下取り参考価格と新車価格からの値落ち率は以下の通りとなっています。

グレード 駆動 下取り参考価格 値落ち率
カスタムG 2WD 97万円 40.9%
4WD 118万円 34.4%
カスタムG”S” 2WD 99万円 41.8%
4WD 120万円 35.5%
カスタムG-T 2WD 108万円 40.7%

ルーミーのエアロ仕様車であるカスタムグレードの平成29年式の上記査定評価は2WDで97-108万円、4WDで118-120万円となっています。

カスタムグレードの査定価格は前回観測時点(2020年4月)との比較で、2WDで10-15万円、4WDで9-10万円値を落としています。

同一グレードの2WDと4WDの査定評価差が21万円で4WDの買取査定優位性は明らかです。

値落ち率は、ノーマルグレードのルーミーと比較すると、カスタムグレードの方が値落ち率は低い傾向にあります。

グレード比較では値落ち率の差はほとんどなく、順当にターボグレードの「カスタムG-T」の査定評価が最も高くなります。

姉妹車タンクカスタムとの査定価格を比較すると高くなっており、ノーマルのルーミー同様、ルーミーカスタムも買取査定でタンクカスタムよりも優位性があります。

平成29年式/2017年式ルーミーの買取価格について

kurumankuruman
上記の平成29年式(3年落ち)ルーミーの査定評価はトヨタ独自のデータに基づき、下取り参考価格として情報提供しているものです。

当たり前ですが、市場の実勢価格を知るには実際にルーミーを査定をしてもらうしかありません。

買取価格については、車の状態において大きな査定評価減(過走行や事故など)がなく通常の状態であれば、これらの下取り参考価格よりも値がつく可能性は結構あると思います。

下取り参考価格は基本的に新車納車までの期間の値落ちを織り込んだコンサバな価格であり、複数の買取会社が競合する買取価格のような突っ込んだ値付けにはなっていないからです。

下でご紹介するようなサービスを活用すれば複数の査定情報が集まり、結果としてこの下取り参考価格よりも値がつく可能性は高まるでしょう。

平成29年式ルーミーの高価買取にこうしたサービスをフルにご活用下さい。

今すぐ平成29年式ルーミーの買取相場を知りたいなら

以下の「カーセンサー」の一括査定をどうぞ!

運営会社は信頼の高いリクルート

最大30社まで自分で査定依頼先を選択可能!
電話連絡を希望しない場合、メール連絡も可能!

「カーセンサー」で高価買取を実現しよう!