平成29年式(4年落ち)タンクの買取相場定点観測

2017年式タンク

たかし

自分の平成29年式(4年落ち)タンクを売るつもりなんだけど、なるべく高く売りたい(^^)v
高く売るためのコツみたいなものはないかな~?

kurumankuruman

こちらで実践ポイントを整理してまとめたので、高く売るためのコツはこちらをチェックしてみて下さい!(^^)!

【要実践!】愛車の高価買取実現のポイント

なるほど!実践ポイントで一番重要なのは査定を沢山とることなんだね。でも査定してもらう前に、どのくらいの買取価格になるのか買取相場は知っておきたいな。

kurumankuruman

実際の買取価格は実車を査定してもらわないとわからないけど、トヨタでは下取り参考価格を提供しているので、買取相場に近い価格はわかりますよ。このページでは平成29年式タンクの下取り参考価格を3ヵ月毎に定点観測しているので、参考にしてみて下さい。

平成29年式タンクの買取相場の参考値として、トヨタが提供している下取り参考価格を3カ月毎の定点観測データとしてまとめました。

買取価格や下取り価格の傾向を探るのにお役立ていただければと思います。

平成29年式/2017年式タンク(4年落ち)買取相場推移

【下記の定点観測データベース】
トヨタ下取り参考価格情報(https://toyota.jp/service/tradein/dc/top
下の査定価格はトヨタ下取り参考価格を一部補正しています。

以下のグラフの上にカーソルを乗せる(スマホの場合はタップする)と価格が表示されます。

平成29年式タンク

平成29年式タンク 2WD

平成29年式タンク 4WD

【2021年10月時点】
平成29年式タンクの2021年10月時点の下取り参考価格と新車価格からの値落ち率は以下の通りとなっています。

グレード 駆動 下取り参考価格 値落ち率
X 2WD 57万円 57.9%
4WD 82万円 45.9%
X”S” 2WD 60万円 57.6%
4WD 85万円 46.0%
G 2WD 67万円 55.3%
4WD 93万円 44.0%
G”S” 2WD 70万円 55.1%
4WD 96万円 44.2%
G-T 2WD 78万円 53.3%

タンクは姉妹車ルーミーとともに2016年11月に登場しましたが、販売台数ではルーミーにやや水をあけられる状況になっており、2017年実績ベースではルーミーの約9割の登録台数となりました。

このような販売状況の平成29年式タンクは、現時点で4年落ちとなりますが、買取相場として上記の査定価格を見てみると、2WDは57-78万円、4WDは82-96万円となっています。

前回観測時点(2021年7月)の査定評価から、2WDでは3-4万円ダウン、4WDでは1-3万円アップとなり、2WDと4WDの査定評価差は25-26万円に拡大しています。
値落ち率から見ても4WDの査定優位性は明らかです。

グレード別の値落ち率を見ると、上位グレードの方がやや低い傾向があります。

ちなみに、タンクは姉妹車ルーミーよりも中古車需要が低く、買取査定で値がつきにくいことは否めません。

平成29年式タンク カスタム

平成29年式タンク カスタム2WD

平成29年式タンク カスタム4WD

【2021年10月時点】
平成29年式タンクカスタムグレードの2021年10月時点の下取り参考価格と新車価格からの値落ち率は以下の通りとなっています。

グレード 駆動 下取り参考価格 値落ち率
カスタムG 2WD 78万円 52.4%
4WD 102万円 43.3%
カスタムG”S” 2WD 81万円 52.4%
4WD 105万円 43.5%
カスタムG-T 2WD 89万円 51.1%

タンクのカスタムグレードの平成29年式の上記査定価格は2WDで78-89万円、4WDで102-105万円となっています。(値落ち率は2WDで51-52%程度、4WDで43-44%程度)

前回観測時点(2021年7月)の査定評価と比較すると、2WDで6-7万円値を落とした一方、4WDで0-2万円の小幅な値落ちに留まっています。

ノーマルのタンクと比較すると、2WD、4WDともに値落ち率が低く、タンクカスタムの方が値がつきやすい傾向にあります。

同一新車価格の姉妹車ルーミーカスタムと比較すると、中古車需要の低いタンクカスタムの方が査定価格が低くなっています。(前述の通りノーマルのタントも同様)

次回以降もタンク、ルーミーともに値動きの傾向をウォッチしていきたいと思います。

平成29年式/2017年式タンクの買取価格について

kurumankuruman
上記の平成29年式(4年落ち)タンクの査定評価はトヨタ独自のデータに基づき、下取り参考価格として情報提供しているものです。

当たり前ですが、市場の実勢価格を知るには実際にタンクを査定をしてもらうしかありません。

買取価格については、車の状態において大きな査定評価減(過走行や事故など)がなく通常の状態であれば、これらの下取り参考価格よりも値がつく可能性は結構あると思います。

下取り参考価格は基本的に新車納車までの期間の値落ちを織り込んだコンサバな価格であり、複数の買取会社が競合する買取価格のような突っ込んだ値付けにはなっていないからです。

下でご紹介するようなサービスを活用すれば複数の査定情報が集まり、結果としてこの下取り参考価格よりも値がつく可能性は高まるでしょう。

平成29年式タンクの高価買取にこうしたサービスをフルにご活用下さい。

今すぐ平成29年式タンクの買取相場を知りたいなら

「ユーカーパック」の無料査定依頼をどうぞ!

概算買取価格が入力後すぐにわかる!

ユーカーパック対応だけで買取業者が多数入札!
⇒多くの買取業者と電話や査定対応の必要なし!

「ユーカーパック」でラクに高価買取を実現!