2017年式(2年落ち)プリウスαの買取相場定点観測

2017年式プリウスα

りこ

私の2017年式(2年落ち)プリウスαを売るつもりなんだけど、なるべく高く売りたいな(^^)v
高く売るためのコツみたいなものがあったら教えて!

kurumankuruman

こちらで実践ポイントを整理してまとめたので、高く売るためのコツはこちらをチェックしてみて下さい!(^^)!

【要実践!】愛車の高価買取実現のポイント

わかったわ!実践ポイントで一番重要なのは査定を沢山とることなのね。でも査定してもらう前に、どのくらいの買取価格になるのか買取相場を知りたいわ。

kurumankuruman

実際の買取価格は実車を査定してもらわないとわからないけど、トヨタでは下取り参考価格を提供しているので、買取相場に近い価格はわかりますよ。このページでは2017年式プリウスαの下取り参考価格を3ヵ月毎に定点観測しているので、買取相場の参考にしてみて下さいね。

2017年式プリウスαの買取相場の参考値として、トヨタが提供している下取り参考価格を3カ月毎の定点観測データとしてまとめました。

買取価格や下取り価格の傾向を探るのにお役立ていただければと思います。

2017年式(2年落ち)プリウスα買取相場推移

【下記の定点観測データベース】
トヨタ下取り参考価格情報(http://toyota.jp/service/tradein/dc/top

以下のグラフの上にカーソルを乗せる(スマホの場合はタップする)と価格が表示されます。

2017年式プリウスα(2017年12月一部改良前)

2017年式プリウスα S系

2017年式プリウスα G系

【2019年11月時点】
一部改良前2017年式プリウスαの2019年11月時点の下取り参考価格と新車価格からの値落ち率は以下の通りとなっています。

グレード 駆動 定員 査定価格 値落ち率
S Lセレクション 2WD 5 144万円 37.3%
S 2WD 5 150万円 38.2%
7 154万円 41.2%
Sツーリングセレクション 2WD 5 167万円 38.5%
7 170万円 41.5%
Sツーリングセレクション・G’s 2WD 5 207万円 32.1%
7 212万円 34.5%
S チューン ブラックⅡ 2WD 5 154万円 38.3%
7 158万円 41.2%
G 2WD 5 164万円 40.4%
7 169万円 42.6%
Gツーリングセレクション 2WD 5 175万円 40.5%
7 177万円 43.5%

2017年式プリウスαの買取相場ですが、上記の査定価格を見ると、わずか2年落ちでも新車価格からかなり値を落としていることがわかります。

最も査定評価の高いスポーツ系グレードの「Sツーリングセレクション G’s」のステーションワゴンでも値落ち率は32-35%程度で、それ以外の値落ち率は37-43%とかなり高くなっています。

査定価格では「Sツーリングセレクション G’s」で200万円を超える以外は、144-177万円となっています。

同一グレードで5人乗りステーションワゴンと7人乗りミニバンが設定されていますが、いずれもミニバンの値落ち率が高くなっています。

ステーションワゴンとミニバンの新車価格差は約19万円ですが、査定価格差は2-5万円に留まっており、ミニバンがもっと高くてもいいと思います。

2017年式プリウスα(2017年12月一部改良後)

2017年式プリウスα S系

2017年式プリウスα G系

【2019年11月時点】
一部改良後2017年式プリウスαの2019年11月時点の下取り参考価格と新車価格からの値落ち率は以下の通りとなっています。

グレード 駆動 定員 査定価格 値落ち率
S Lセレクション 2WD 5 168万円 29.8%
S 2WD 5 176万円 29.8%
7 183万円 32.2%
Sツーリングセレクション 2WD 5 193万円 30.9%
7 201万円 32.6%
Sツーリングセレクション・GRスポーツ 2WD 5 205万円 33.9%
7 224万円 32.0%
S チューン ブラックⅡ 2WD 5 179万円 30.5%
7 189万円 31.7%
G 2WD 5 192万円 32.1%
7 203万円 32.7%
Gツーリングセレクション 2WD 5 201万円 33.4%
7 214万円 33.3%

一部改良により、全車に衝突回避支援パッケージ「Totota Safety Sense P」が標準装備となり、「G’s」の後継車として「GR SPORT」が設定されました。これに伴い、新車価格はS系(GR SPORTは除く)で8万円、G系で7.6万円アップしています。

一部改良前の同一グレードとの査定評価差は新車価格差を大きく超える24-37万円にもなっていますが、投入時期が12月とは言え、同じ2017年式の一部改良前モデルとの査定評価差は開き過ぎだと思います。(今回一部改良後モデルの査定価格が大きく上がったことで評価差が更に広がっています。)

上位のG系グレードがS系グレードよりも値落ち率が高いのは一部改良前と同じ傾向です。

2017年式プリウスαの実際の買取価格について

kurumankuruman

上記の2017年式(2年落ち)プリウスαの査定評価はトヨタ独自のデータに基づき、下取り参考価格として情報提供しているものです。

当たり前ですが、市場の実勢価格を知るには実際にプリウスαを査定をしてもらうしかありません。

買取価格については、車の状態において大きな査定評価減(過走行や事故など)がなく通常の状態であれば、上記の下取り参考価格よりも値がつく可能性は結構あると思います。

下取り参考価格は基本的に新車納車までの期間の値落ちを織り込んだコンサバな価格であり、複数の買取会社が競合するような突っ込んだ値付けにはなっていないからです。

下でご紹介するようなサービスを活用すれば複数の査定情報が集まり、結果としてこの下取り価格よりも値がつく可能性は高まるでしょう。

2017年式プリウスαの高価買取にこうしたサービスをフルにご活用下さい。

今すぐ2017年式プリウスαの買取相場を知りたいなら

以下の「ユーカーパック」の無料査定依頼をどうぞ!

概算買取価格が入力後すぐにわかる!

電話対応、査定対応はユーカーパック1社だけでOK!
=多くの買取業者と電話対応や査定対応をする必要なし!

「ユーカーパック」でラクに高価買取を実現しよう!