エクストレイルの買取相場は?3年、5年、7年、10年落ちなどの買取事例を見てみよう

今すぐエクストレイルの買取相場を知りたいなら

以下の「かんたん車査定ガイド」の無料一括査定依頼をどうぞ!

概算買取価格が入力後1秒でわかる!

自宅で簡単&スピーディーに最大10社からエクストレイルの査定情報を入手可能!

エクストレイルは値ごろ感がよく、実用的なSUVとして、初代登場以来ミドルサイズSUVでトップクラスの人気を維持しています。

現行車は2013年に投入された3代目で、先代までの直線基調の武骨な感じのエクステリアから、都会的で洗練されたデザインに変更されましたが、荷室の使い勝手などの実用性の高さ、SUVとしての機能性の高さは健在と言えます。

エクストレイルはSUVカテゴリーの車で、古い年式でも中古車需要が高く、値落ちが緩やかな車種の一つになります。

このページでは年式ごとの買取相場の傾向や、買取価格の口コミやレビューなど情報を取り上げていますので、参考にしていただければと思います。

エクストレイル高額買取のためのワンポイント

エクストレイルの買取については、当然のことながら年式が新しいほど高額査定が望めますが、100万円超の高額査定を確実に期待するなら5年落ち以内に検討するといいと思います。
(7年落ちでも条件が揃えば100万円超の買取価格になる可能性はありますが・・・)

残念ながら初代エクストレイルについては年式も古く、買取価格として大きく期待するのは厳しく、2代目以降でないとある程度まとまった金額は期待できません。

いずれにしても、エクストレイルを手放すことを決断したならば、すぐに行動に移すことが肝心です。

より高い買取を目指すために求められる行動とは、なるべく多くの買取業者に査定してもらうということです。

管理人にはエクストレイルを売った実体験があるのですが、その時5社の買取業者をまわって査定してもらいましたが、最高の査定額と最低の査定額の差は40万円もありました。

下でまとめた買取の口コミの中身を見てみても、最大で50万円の査定価格差がついているケースがありました。

言い換えると、仮に1社の査定しかとらずにしかもその業者の査定が最低額だとしたら、数十万円も損するリスクがあるのです。

このようなリスクを下げたいなら、多くの査定を取って、より高く査定評価してくれる買取業者に出会うことが重要で、それはつまり高値買取の近道と言えます。

多くの査定を取るのは面倒で躊躇してしまう人もいるかもしれませんが、それは手間以上のリターンを得られるかもしれない機会を失うことになってしまいます。

幸い今は効率的に多くの査定情報を取れる一括査定サイトがありますから、それらを活用することをおすすめします。

中でもおすすめサイトは「かんたん車査定ガイド」です。

タイトル通り「かんたん」に利用できることはもちろん、概算の買取相場は実際の査定を待たなくても入力後すぐに確認できます。

このようなサイトを活用して、ぜひエクストレイルの高額査定をゲットしましょう!

エクストレイルの買取レビュー

エクストレイルの買取について、レビューをお願いします!

Submit your review
1
2
3
4
5
Submit
     
Cancel

Create your own review

Average rating:  
 2 reviews
by レモネード100 on Blank Business Name
最安値と最高値で2倍くらい差があった

8年落ちの2代目エクストレイルをかなりいい値で買い取ってもらいました。

今回2回目となる一括査定の利用でしたが、覚悟していた通り前回同様査定依頼すると多くの業者から電話がすぐに入りました。

2回目だったのでそんなものだと思っていましたが、初めてだと慌てるかもしれません。

エクストレイルの現地査定については、5社に同一同時刻に集まってもらってやってもらいました。

査定額については、ふたを開けてみると最安値と最高値で2倍近い差があり驚きました。

最高値をつけたところがかなり頑張ってくれた感じでしたので、そこと契約しました。

その買取会社はこちらの引渡時期も考慮してくれたので、とても満足できる取引でした。

by けん on Blank Business Name
想像よりかなり高く売れて満足

引越しのタイミングで初代T30型エクストレイルを売ることになった私。

7年落ちのエクストレイルでバンバーにキズがあり、上級グレードでもなかったので、査定額にはあまり期待しないで、大手の買取業者をまわってみることにした。

最初の業者では30万円という提示。

まあそんなもんかな、と思いながら
「他もまわってみますんで・・・」
と言うと、
「高いところがあったら、声をかけて下さいね。」
と言われた。

そうして他の買取業者を廻り始めると、30万円の査定は一番最低額で、最高額はガリバーの70万円という提示。

期待していなかった自分にとってはかなり嬉しい誤算。

それにしても、40万円も差があるとは・・・

ガリバーなんかでも言われたけど、この手の4駆のSUVは値落ちがしにくいらしい。

それにしても、手間はかかったけど、いくつも買取業者をまわってよかった。

エクストレイルの買取の事例

3年落ちエクストレイルの買取相場

3年落ちという年式は最初の車検を迎える節目でもあるので、売却(買取)を検討するケースは増えていきます。

高年式車ということで、買取相場としては走行距離が極端に伸びない限り100万円を下回ることはまずなく、イメージとしては120万円から150万円台の買取価格が多くなっています。

いくつかの買取事例を見てみましょう。

走行距離33000キロの20X(4WD)の買取価格が145万円

このケースは走行距離が33000キロですから、だいたい標準的な走行距離で査定上の評価はフラットになります。

20X(4WD)は売れ筋で引き合いの強いグレードですし、ボディーカラーは黒だったので、査定評価上は売りやすい車として評価されたんじゃないかと思います。

結果としては4社の買取業者から査定を取り、最高値が145万円でした。

20GT S クリーンディーゼル車(4WD)の買取価格は?

2代目となるT31型のクリーンディーゼル車は2015年頭まで継続販売されていました。

ガソリン車よりも50万円弱高い価格設定でしたが、買取事例で見ると160万円というケースがあります。

上記の20X(4WD)のケースでは買取価格が145万円でしたから、単純にその差を見ると15万円となり、新車価格の3分の1程度しか買取価格に反映されていないことになります。

エクストレイルのクリーンディーゼル車は車としての評価は高いのですが、中古車市場の需要からすると価格差ほどの買取評価は得られない感じです。

走行距離が伸びている20X(4WD)エマージェンシーブレーキパッケージのケース

3年落ちで9万キロ近い走行距離の20X(4WD)エマージェンシーブレーキパッケージの買取事例を見てみると、最高値の買取価格は111万円というケースがあります。

標準的な走行距離の約3倍というケースで、最初の標準的な走行距離のケースと比較すると、査定上かなりの評価減になっていることがわかります。

5年落ちエクストレイルの買取相場

2回目の車検を迎える5年落ちという年式ですが、ある程度高額な買取価格を期待する場合にはこの年式あたりで検討するケースが多くなると思います。

買取事例を見ると、低いグレードや過走行のケースでは100万円を切る買取価格が見られますが、売れ筋の20X(4WD)、20Xt(4WD)では100万円から120万円の買取価格が多くなっています。

5年落ちの事例をいくつか見てみましょう。

買取価格が100万円を切った事例

一番買取価格が低い事例としては、グレードが20Sで、走行距離が13万キロ超という過走行のケースでは、100万円を大幅に下回る50万円台というケースがあります。

また、売れ筋の20Xや20Xtでも走行距離による評価減があれば、100万円の買取価格を期待するのは難しくなります。
もし10万キロ超の走行距離ならば70-80万円程度の買取価格になる可能性があります。

5年落ちの走行距離はどの程度影響するのか?

走行距離の加点で買取価格が良かったケースとしては20Xt(4WD)で走行距離が8000キロ程度の買取では130万円超の査定がついたケースがあります。

しかし、エクストレイルの場合には、低走行車の加点がそれほど大きくなく、ある程度の走行距離に収まっている場合(上記のような大幅な過走行でない場合)には、査定評価上それほど大きな影響はないと言えます。

実際、5年落ちで走行距離が2万~6万キロ台では100万円から120万円といった買取価格が多く、このあたりが5年落ちのコアな買取価格帯になっています。

7年落ちエクストレイルの買取相場

7年落ちでの売却を検討する人は3回目の車検前を狙う人が多いと思いますが、この年式では買取業者間で買取価格がばらけるケースが多くなるイメージがあります。

実際に買取の事例を見ても買取価格の幅は大きく、下は30万円台から上は120万円台まであります。

他の年式でもそうですが、多くの買取会社から査定をとってみることが特に大事になってくると思います。

買取業者間で60万円近くの査定価格差があったケース

これは20X(4WD)の走行距離が8万キロ台後半の買取のケースですが、6社に査定してもらったところ、最高値が90万円で最安値が32万円でした。

その差は58万円ということで、かなり大きな査定評価差が出ました。

やや走行距離が伸びている車に対して、この方は6社を競合させることで、買取相場よりも高めの買取価格を引き出せたと思います。

7年落ちとしては高額査定の100万円超の買取になったケース

7年落ちで100万円超の買取価格になる場合は、ある程度いい条件がそろわないと難しくなります。

例えば、グレードが上位グレードのGT(4WD)、走行距離は4万キロ台と少なく、色はホワイトパールで加点がもらえやすい事例での買取価格は120万円くらいがついたケースがあります。

このようにプラス条件がそろわないと7年落ちの100万円超は厳しくなりますが、標準的な買取価格とすれば70万円から90万円程度の事例が多いので、そのくらいを買取相場として想定しておいてもいいかもしれません。

10年落ち以上エクストレイルの買取相場

10年落ち以上のいわゆる低年式車の買取事例はかなり多くありますが、この年式になると低い買取価格では10万円程度にしかならないケースも出てきます。(初代型と2代目で買取価格差が出ます。)

11年落ちXtt(4WD)の買取価格が14万円

このケースでは走行距離が7万キロ台後半で走行距離としては少なかったのですが、買取会社5社から査定とっても最高値が14万円という厳しい結果でした。

他の評価減の要因があったかもしれませんし、査定時期もあまりよくなかった可能性がありますが、一番大きく査定評価に大きく影響したのは、型式がT30という初代エクストレイルだったことです。

初代エクストレイルの査定となると厳しい査定はある程度覚悟しておいた方がいいと思います。

10年落ち20X(4WD)の買取価格が60万円台

このケースの走行距離は5万キロ台だったので、走行距離による加点がある程度あったものと推定されます。

またボディーカラーはホワイトパールで加点になりそうなこと、また査定時期もよかったのではないかと思われます。

上記の11年落ちのケースが初代エクストレルだったのに対し、このケースは2代目(T31)でしたのでその点で大きく買取価格に差が出ています。

エクストレイルの買取査定価格の口コミ

査定時期 年式 グレード ボディーカラー 走行距離 買取査定価格
2017年
6月
2010年
(平成22年)
20X シルバー 110,001~
120,000 km
40万円
(1社)
2017年
6月
2005年
(平成17年)
ライダー シルバー 60,001~
65,000 km
4.5万円
(3社)
2017年
3月
2010年
(平成22年)
20X 4WD(CVT 2.0) シルバー 85,001~
90,000 km
90万円
(6社)
2017年
2月
2015年
(平成27年)
不明 5,001~
10,000 km
195万円
(4社)
2016年
12月
2007年
(平成19年)
不明 110,001~
120,000 km
33万円
(6社)
2016年
9月
2011年
(平成23年)
不明 45,001~
50,000 km
135万円
(5社)
2016年
8月
2010年
(平成22年)
不明 150,001~
km
45万円
(4社)
2016年
8月
2010年
(平成22年)
不明 30,001~
35,000 km
120万円
(8社)
2016年
7月
2005年
(平成17年)
Xtt 4WD(AT 2.0) 75,001~
80,000 km
14万円
(5社)
2016年
5月
2007年
(平成19年)
不明 グレー 55,001~
60,000 km
60万円
(8社)
2016年
3月
2012年
(平成24年)
20Xtt 4WD(CVT 2.0) 20,001~
25,000 km
183万円
(5社)
2016年
2月
2004年
(平成16年)
GT 4WD(AT 2.0) シルバー 100,001~
110,000 km
10万円
(3社)
2016年
1月
2010年
(平成22年)
不明 35,001~
40,000 km
143.5万円
(8社)
2016年
1月
2007年
(平成19年)
不明 ガンメタ 80,001~
85,000 km
23万円
(6社)
2015年
12月
2010年
(平成22年)
不明 55,001~
60,000 km
120万円
(8社)
2015年
9月
2009年
(平成21年)
不明 その他 60,001~
65,000 km
107万円
(8社)
2015年
9月
2003年
(平成15年)
X 4WD(AT 2.0) 140,001~
150,000 km
10万円
(4社)
2015年
9月
2010年
(平成22年)
25X 4WD(CVT 2.5) 150,001~
km
65万円
(4社)
2015年
8月
2008年
(平成20年)
不明 100,001~
110,000 km
75万円
(5社)
2015年
8月
2007年
(平成19年)
不明 シルバー 140,001~
150,000 km
51.2万円
(7社)
2015年
8月
2013年
(平成25年)
不明 20,001~
25,000 km
150万円
(4社)

【データの引用:みんカラ買取相場(https://kaitori.carview.co.jp/souba/)】

エクストレイル歴代データ

3代目エクストレイル T32型

販売時期 2013年-
型式
  • DBA-NT32
  • DBA-T32
グレード
  • 20S
  • 20X
  • 20S HYBRID
  • 20X HYBRID
  • 20Xt
  • エクストリーマーX
  • HYBRID エクストリーマーX
  • モード・プレミア
  • モード・プレミア HYBRID
公式サイト

2代目エクストレイル T31型

販売時期 2007年-2015年
型式
  • LDA-DNT31
  • DBA-NT31
  • CBA-TNT31
  • DBA-T31
グレード
  • 20S
  • 20X
  • 20Xtt
  • 25Xtt
  • 20GT
  • 20GT S
公式サイト

初代エクストレイル T30型

販売時期 2000年-2007年
型式
  • CBA-NT30
  • CBA-T30
  • GH-PNT30
  • UA-NT30
  • UA-T30
  • TA-T30
  • TA-NT30
グレード
  • S
  • X
  • St
  • Xt
  • GT
  • Stt
  • Xtt
公式サイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする