スペーシアは軽の王者N-BOXにどこまで迫っているのか?

スペーシア vs N-BOX

にゃん吉にゃん吉

2018年以降スペーシアを目にすることが多くなったような気がするけど、気のせいにゃん?

kurumankuruman

スペーシアは2017年末にフルモデルチェンジしてから大きく販売台数を伸ばしているので、街で見かけることが多くなったのは多分気のせいじゃないよ~

今では軽自動車NO.1のN-BOXの一番の競合車なんて言われているし・・・

実際N-BOXのライバル車になっているのか、データから見てみましょう!

販売台数比較:スペ-シア vs N-BOX

スペーシアが発売となった2014年1月から王者N-BOXとの販売台数を四半期毎に追ってみると、以下の様なグラフになります。
(カーソルを乗せると、それぞれの四半期毎の販売台数を参照できます。)

当然と言ったらスペーシアに失礼ですが、N-BOXに勝ったことは一度もありません。

次に販売台数の比率を見てみましょう。
グラフはスペーシアの販売台数÷N-BOXの販売台数×100(%)の四半期毎の推移です。

スペーシアは2代目にフルモデルチェンジ以降販売台数を伸ばし、N-BOXのライバル車筆頭とも言われるようになったので、販売台数比率は2018年に最も高くなっているかと思いましたが、意外にも初代スペーシア発売の2014年にN-BOXの販売台数に最も近づいていたことがわかりました。

とは言え、2018年の販売台数比率はN-BOXの62-63%とフルモデルチェンジ前の数年間と比較するとかなり上昇し、2014年以来初めて60%台を回復し、キープしていることがわかります。

2018年1月から12月のスペーシアとN-BOXの販売台数の開きは一カ月平均で7,481台もあり、スペーシアは軽自動車販売台数2位につけてはいるものの、まだまだ肉薄するレベルにはなく、大きく引き離されていることは変わりませんが、フルモデルチェンジ後のスペーシアは顧客満足度が上がり、N-BOXの真の競合車となりうると認められるくらいマーケットにおける存在感は高まっていることは事実だと思います。

ちなみに、2018年の販売累計台数15位以内の車種で前年比で大きく伸ばしているのは、1位がジムニー(155.3%)、2位がスペーシア(145.2%)で、スズキの車種が健闘が目立っています。

買取相場&値落ち率比較:スペ-シア vs N-BOX

スペーシアとN-BOXのリセールバリューを比較してみたいと思います。

買取相場のデータベースは、このサイトの定点観測で使用しているトヨタ下取り参考価格情報(2019年2月時点)です。

【買取相場データベース】
トヨタ下取り参考価格情報(https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

それぞれの車種のノーマルタイプとカスタムタイプで、新車価格が近いグレードをピックアップしています。

グラフの上にカーソルを乗せる(スマホの場合はタップする)と値落率が表示されます。

スペーシア vs N-BOX 3年落ち(2016年式)の買取相場&値落ち率比較

3年落ちノーマルタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
スペーシア G 125.0万円 70万円 44.0%
N-BOX G・Lパッケージ 126.8万円 86万円 32.2%

3年落ちカスタムタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
スペーシアカスタム GS 148.5万円 85万円 42.8%
N-BOXカスタム G・Lパッケージ 144.4万円 105万円 27.3%

スペーシア vs N-BOX 5年落ち(2014年式)の買取相場&値落ち率比較

5年落ちノーマルタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
スペーシア X 126.0万円 56万円 55.6%
N-BOX G 129.5万円 67万円 48.3%

5年落ちカスタムタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
スペーシアカスタム XS 143.0万円 66万円 53.8%
N-BOXカスタム G 139.0万円 79万円 43.2%

想像通り、N-BOXのリセールバリューの高さにスペーシアは残念ながら完敗の印象です。

上記ではリセールバリューを新車価格からの値落ち率で比較していますが、3年落ちと5年落ちともに、またノーマルタイプとカスタムタイプ、いずれのケースもスペーシアの方が明らかに値落ち率が高くなっています。(つまり値が落ちやすい、値がつきにくいということ)

スペーシアもN-BOXも、ノーマルタイプよりもカスタムタイプの値落ち率が低く、値がつきやすいことがわかりますが、スペーシアとN-BOXの値落ち率差はノーマルタイプよりもカスタムタイプで大きくなっています。

また、ノーマルタイプとカスタムタイプいずれのケースも、5年落ちよりも3年落ちの方がスペーシアとN-BOXの値落ち率差が大きくなっています。
つまり、年式が新しいほど、スペーシアとN-BOXのリセールバリューの差が大きくなる傾向にありそうです。

まとめ

2018年は販売台数を前年比145%と大きく伸ばしN-BOXに次ぐ2位となったスペーシアですが、2位とは言え販売台数差はかなり大きく、上記のリセールバリューにおても大きく水をあけられていることがわかります。

フルモデルチェンジした現行スペーシアは、明確にN-BOXをターゲットに置いて徹底的に車づくりをしただけあって、その評価が販売台数増となって表れていると思いますが、上記の比較においてはまだライバル車と位置づけるには力不足の印象は拭えません。

とは言え、スペーシアは健闘していることは間違いないなく、今後のN-BOXとのガチンコ勝負にも大いに期待したいと思います。

今すぐスペーシアの買取相場を知りたいなら

以下の「かんたん車査定ガイド」の無料一括査定依頼をどうぞ!

概算買取価格が入力後1秒でわかる!

自宅で簡単&スピーディーに最大10社からスペーシアの査定情報を入手可能!