軽No.1のN-BOXは買取&下取りも最強か?データで読み解く

N-BOXのリセールバリューの強さを読み解く

にゃん吉にゃん吉

N-BOXは軽自動車で一番売れているって聞くけど、リセールバリューの方は他車と比較してどうにゃんだろう?

kurumankuruman

確かにN-BOXは発売以来ずっと売れ続けています。年間の販売台数を見ると、2012年から2017年まで2位が2回ある他は全て1位で、2015年以降はずっと首位を独走しています。(2018年9月時点)

中古車人気も非常に高くて、買取・下取りに抜群に強い車ですね。

ここでは、ライバル他車と比較して、データからその強さを読み解いてみたいと思います。

買取相場&値落ち率比較:N-BOX vs 軽ライバル車

N-BOXと比較するライバル車として、以下の2018年上期の軽自動車販売台数トップ5をピックアップしてみました。2018年も2位を引き離してN-BOX圧勝の様相です。

  1. N-BOX:127,548台
  2. スペーシア:79,718台
  3. ムーヴ:74,109台
  4. タント:71,809台
  5. デイズ:71,778台

車検のタイミングに合わせて、それぞれの車種のノーマルタイプとカスタムタイプ毎に3年落ち(2015年式)、5年落ち(2013年式)、7年落ち(2011年式)における買取相場&値落ち率比較してみたいと思います。(2018年9月時点)

上記の車種から新車価格の近いグレードを選び比較することにしますが、当然同一価格という訳ではないので、グラフでは比較対象として新車価格からの値落ち率を示します。

グラフの上にカーソルを乗せる(スマホの場合はタップする)と値落率が表示されます。

【買取相場データベース】
トヨタ下取り参考価格情報(https://toyota.jp/service/tradein/dc/top

3年落ち(2015年式)の買取相場&値落ち率比較

3年落ちのノーマルタイプとカスタムタイプの両方で、N-BOXは5車種の中で最も低い値落ち率となっています。

N-BOXに次いで値落ち率が低いのが、ノーマルタイプではスペーシアとタント、カスタムタイプではタントとなっていて、一方で最も値が落ちているのが、両タイプともデイズとなっています。

スペーシアを除き、カスタムタイプの方が値落ち率が低く、買取・下取り査定で高い評価を受けるでしょう。

3年落ちノーマルタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
N-BOX G・Lパッケージ 126.8万円 78万円 38.5%
スペーシア G 125.0万円 73万円 41.6%
ムーヴ Xターボ”SA” 127.0万円 66万円 48.0%
タント X”SA” 128.5万円 75万円 41.6%
デイズ X 122.1万円 55万円 55.0%

3年落ちカスタムタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
N-BOXカスタム G 140.7万円 92万円 33.9%
スペーシアカスタム GS 138.5万円 75万円 45.8%
ムーヴカスタム カスタム X ハイパーSA 142.0万円 77万円 45.8%
タントカスタム カスタムX 140.0万円 91万円 35.0%
デイズハイウェイスター ハイウェイスターG 140.2万円 69万円 50.8%

5年落ち(2013年式)の買取相場&値落ち率比較

5年落ちも、両方のタイプで最も値落ち率が低いのはN-BOXです。

2番目に値落ち率が低いのが両タイプともスペーシアで、一方で最も値が落ちているのが、3年落ちと同じく両タイプともデイズです。

3年落ちと同様、カスタムタイプの方が値落ち率が低い傾向にあります。

5年落ちノーマルタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
N-BOX G 120.0万円 54万円 55.0%
スペーシア G 117.0万円 47万円 59.8%
ムーヴ Xターボ 120.9万円 48万円 60.3%
タント X 123.8万円 42万円 66.1%
デイズ X 116.2万円 35万円 69.9%

5年落ちカスタムタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
N-BOXカスタム G 138.0万円 73万円 47.1%
スペーシアカスタム XS 143.0万円 65万円 54.5%
ムーヴカスタム カスタム Xリミテッド SA 140.0万円 53万円 62.1%
タントカスタム カスタムX 142.8万円 59万円 58.7%
デイズハイウェイスター ハイウェイスター Gターボ 141.4万円 48万円 66.1%

7年落ち(2011年式)の買取相場&値落ち率比較

7年落ちについては、スペーシアとデイズは発売されていないので、3車種での比較になります。

7年落ちの値落ち率の低さでも、N-BOXは圧倒的No.1です。

発売時期が2011年12月なので、他の車種よりも査定評価が高く出やすくなっていますが、それを差し引いても、間違いなく最も値落ちしにくい車種でしょう。

7年落ちノーマルタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
N-BOX G 118.0万円 46万円 61.0%
ムーヴ Xリミテッド 125.7万円 22万円 82.5%
タント X 123.8万円 26万円 79.0%

7年落ちカスタムタイプ値落ち率比較(2WD)

車種 グレード 新車価格 査定価格 値落ち率
N-BOXカスタム G 137.1万円 68万円 50.4%
ムーヴカスタム カスタム Xリミテッド 135.2万円 26万円 80.8%
タントカスタム カスタムL 136.1万円 35万円 74.3%

まとめ

予想はしていましたが、N-BOXはどの年式でも値落ち率が最も低く、やはり買取・下取り査定におけるN-BOXの強さに疑いの余地はありません。

対して最も値落ち率が高かったのがデイズでした。

やはり2016年の燃費不正問題などの影響にによってリセールバリューが悪化しているのだろうと思いますが、同じような車を購入していざ売る時にこれだけ差が出てしまうことを目の当たりにすると、ますますN-BOXを購入した方がいいという結論になってしまいますね。

例えば、新車価格120万円のノーマルタイプのN-BOXとデイズを購入したとして、5年落ちの時点で売ろうとすると、単純計算で約18万円もの差になってしまいますから・・・

それにしてもリセールバリューの点からも当面軽No.1のN-BOXの牙城は揺らぎそうにないです。

今すぐN-BOXの買取相場を知りたいなら

以下の「ユーカーパック」の無料査定依頼をどうぞ!

概算買取価格が入力後すぐにわかる!

電話対応、査定対応はユーカーパック1社だけでOK!
=多くの買取業者と電話対応や査定対応をする必要なし!

「ユーカーパック」でラクに高価買取を実現しよう!